ハマザキコミネ1stアルバム本日発売開始!




随分と久しぶりのブログ更新となってしまいました。
毎日楽しみに観に来て下さった皆さん、また心配してメールやコメントをお送り下さった皆さん、本当にありがとう♪

皆さんはお変わりありませんか?
揃って変わらずお元気でいらっしゃるでしょうか?

僕はと言えば、2月に入ってすぐに体を壊してしまいました。
ただ壊したと言っても生き死にに関わるような大病ではなくて、いわゆるヘルニアですから笑ってやって下さい(笑)
気をつけてはいたんですが...やっちゃいました。
でも、これが以外と厄介だったりするのです。
腰は全ての基本なのですよね。

それはさておき、ブログ空白のこの間いろんな事がありました。
ある方の感動の武道館公演のこと、レコーディングこと、新作の紹介や感動した出来事、何があって何を思い、何に気が付いたのかなど書きたい事は山のようにありますが、今は遅れたスケジュールと一端壊してしまった健康を一日も早く取り戻すべく、目の前のことに挑むことで一生懸命ですので、少し落ち着いたら、少しずつまたブログにも徒然なる想いを書き綴って行こうと思ってます。
一時は結構大変でしたけど、でももう大丈夫!!!
詳しい事はまた後日改めて!


ーそうだ。。。


今日、電車の車窓から今年最初の"さくら"を目にしました。
春の訪れ。大好きなさくらの花。故郷の記憶。
そんな変わらぬ自然の優しさと強さを目の当たりにし、心の深いところでグッと受け止めました。

ヘルニアコルセッター江口。
変身ベルト(コルセット)装着。
さぁ今日も夢に向かって前進あるのみ!!!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ヘルニア事件関連のこともいろいろと書きたいとこですが、その前にお伝えしたい大事な事があります。

実は、本日新しいアルバムが発売になります。




ハマザキコミネ1stアルバム『1(ワン)』
2008年3月26日/発売開始




このブログGenkidama(元気玉)でも時折ご紹介して来た浜崎貴司&コミネリサの新ユニット”ハマザキコミネ”の渾身の1stアルバムが、ついに完成しました!
アルバム名は数字の『1』と書いて”ワン”。




浜崎さん&コミネリサさんと3人で楽曲のプリプロの段階から一緒にスタジオに籠ってアイディアを出し合いながら、音楽として人として、歩んで来た道もスタイルも違う3人が、それぞれの沸き上がる想いの一つ一つをカタチにして行きました。その度に互いに尊敬と友情を強く心の奥底で感じながら...。

詳細はまた改めて!

いろんな意味で、最高のアルバムができました。
この2007年度の僕にとっての"青春"と呼べるものです。



またアルバムの発売を記念して、4月3日ハマザキコミネのワンマン1stライブが決定しました!
リハーサルも順調に進んでます。



僕は、作編曲家としてのクリエーター業に専念する為に1年程前からライブ業を封印することを決めていました。
その約束(誓い)を胸に、声を掛けて下さる皆様には心からの感謝の気持ちを伝え泣く泣くお断りして...
今後もし演奏する機会があるとしても、それは作編曲家として自作編演奏するか、自分のプロジェクト(バンド・ユニット)だけだろうと思っていました。

そんな中、このハマザキコミネのお二人に出会い、このアルバム『1』にCo-Producerとして関わらせて頂きながら、ハマザキコミネはいつしか自分にとって自分のバンドのような特別な想いを感じていたのかも知れません。

その最初のワンマンライブとなるこの日のライブのお話を頂いたとき、僕の"誓い"を知りつつも、そこを敢えて!と声を掛けて下さったその想いに胸を打たれ、僕も1年ぶりにステージに上がることに決めました。

そんな想いの特別なライブです。
必ず最高のライブになると思っています。
ぜひ!会場でお会いしましょう!!!


4月 3日 ハマザキコミネ初ワンマンライブ〜ハレルヤ・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて チケット絶賛発売中!


ちょ...!ライブの告知が急すぎるよ〜。もうちょっと早く教えてくれればスケジュール調整したのに。がっくり。

今、ハマザキコミネのサイトを見てきました。ジャケットの写真、平間至さんが撮ってらっしゃるんですね。以前仕事でお会いしたことがある(平間さんは全く覚えてらっしゃらないと思いますが)のでなんだか懐かしかったです。
一方的ではありますが、不思議な縁を感じました。

ヘルニア大丈夫!?
年なんだから無理しないよーに。
4月19日にはライブはないのでしょうか…。
というのは私の都合上ですが。汗

どうぞお大事にされてください。
  • ごま
  • 2008/03/26 11:34 PM

It comments.










Track back Url of this Article
http://blog.takahito-eguchi.com/trackback/808511
Track Back