KOKIA DVDとニューアルバムCD絶賛発売中!

<KOKIA 2014 Falling in Love with the Orchestra コンサートDVDダイジェスト映像より>



今日はKOKIAさんのニューアルバムCDとDVDのご紹介を♪




昨年12月にオーケストラアレンジを担当させて頂きましたKOKIAさんの



初のオーケストラコンサート公演ライブDVDとニューアルバムCDが



ただいま 絶賛発売中です♪




大変に遅ればせですが(今頃か!とお叱りを受けそうですが...スミマセン)



昨年末の芸術劇場でのコンサート当日は、年末の大変お忙しい中



実にたくさんの方のお客様にご来場頂き、本当に感謝致しております。



この場を借りて、心から御礼申し上げます。







僕もリリースに合わせたタイミングで KOKIAさんご本人から



オーケストラコンサートのDVDとニューアルバムCDを



プレゼントして頂きました(KOKIAさんありがとう!!)




そのオーケストラコンサートDVDがこちら↓

KOKIA 2014 Falling in Love with the Orchestra コンサートDVD



ニューアルバムCDはこちら↓

『 I Found You 』  (Amazonでも購入できるようです)







KOKIAさんは 年明けすぐにご報告(まとめの記事)を書かれていらしたようです。。


僕の事にも触れて下さっていて。本当に有り難いやら恥ずかしいやらですが、、、苦笑(心から感謝♪)








オーケストラ公演当日、僕は会場と舞台袖の両方で聴かせて頂きましたが




まさに至福の 最高の時間でした!







どのお仕事に於いても スタジオやホールで



その生きた音楽が鳴り響いた瞬間に



いつも 何ものにも代え難い



最高の幸せを感じるものですが



オーケストラ楽曲の作曲や 編曲の場合には



そのプロジェクトの規模も予算も 関わる方々の思い入れも



まさに”特別なこと”である場合が多く



とても贅沢で いつにも増して



重大な責任と使命感が伴いますが



それが 最高の演奏家の元で



最高の生きた音楽として鳴り響いたとき



あぁ死んでもいいと思えるいくらいの幸福感に包まれます



(本当に全てのご縁に心から感謝!!!)




しかし たとえどんなに最前を尽くしても



大きな達成感と共に  常に沸き上がってくる



もっとその先の音楽を目指したい!という想いは



この先もけして尽きることないのかもしれませんね。。。






そんな 人生のひとつの想いの結晶としてのサウンドを



かけがえのない”青春の思い出”として



記録し DVD作品として残せたという幸運



本当に有り難く 心からの感謝の想いでいっぱいになります



音楽の申し子のような素晴らしいアーティストKOKIAさん



その歌声とオーケストラを繋ぐ橋渡しを



温かく的確なプレイで支えて下さった素晴らしいピアニストの渡辺剛さん



日本フィルハーモニー交響楽団の皆さんと指揮者の梅田さん



いつも近くで支えて下さるエンジニアの笹原さんと写譜の岩瀬さん



そしてこの企画実現の為にご尽力下さった全ての関係者の皆様



とてもお忙しいスケジュールの合間を縫って



会場に橋をお運び下さった全ての皆様に



(お一人ずつお名前を挙げてお礼を言いたいとこですが...)



心からの感謝の気持ちを込めて...




ありがとうございました!!!











そして また いつか...




あの日観た 眩しい夢の続きを



それも そう遠くない将来



また一緒に描ける日がやって来ることを



心から願い 楽しみにしています!!










<KOKIA情報 〜近々のお知らせ>




KOKIAさんは、いま6月21日22日の東京国際フォーラム公演に向けて



毎日着々と準備が進めているとのこと



特別な想いがぎっしり詰まった


その真実の人生の中から


必然的に生まれてきた珠玉のニューアルバム


『 I Found You 』を携えて


アルバムに込めた想いはこちらのリンクを






時空を超える魂の歌声が


今年も国際フォーラムの大ホールに響き渡ります




天からの贈り物のような彼女の生の歌声を


会場がひとつになるその空間を


まだ体験したことのない方


またぜひ体験したい!という方は


この機会にぜひ会場へ!


残念ながら21日の公演はチケット完売したようですが


22日の最終公演はまだ間に合うかも知れませんよ〜♪(^_^)





 

It comments.










Track back Url of this Article
http://blog.takahito-eguchi.com/trackback/1200541
Track Back