2012年 今年最初の...そして







、、、随分遅いご挨拶になってしまいましたが、皆様お元気ですか?

2012年という新しい年も、あっという間にはやひと月が過ぎようとしている今日ではありますが、今年初のブログ更新とさせて頂きます。

TwitterやFacebookなどでは時折つぶやく事はありましたが、このブログGenkidamaに於いては、随分と長い間記事の更新がなかった為に、とても多くの方々に心配ご迷惑をお掛けしてしまい大変恐縮しています

またそんなあまりにマイペースすぎる自分へ、温かな便りを送ってくれた多くの友人や縁ある皆さまに、改めてお詫びと心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

僕は変わらず益々元気にしています。

ご報告が遅れましたが、その後子供にも恵まれ、子育てに仕事にと毎日驚きと発見と感動の中で、今まで以上に賑やかに心豊かに楽しい毎日を送っています。
相変わらずの自分ではありますが、皆さま、今年もどうぞよろしくお願い致します。



さて、、、


実は、今日は今朝ひと足先にプロフィールページを更新し、その後皆様への今年最初のご挨拶と自分の近況などを交え、作品をそれぞれ詳しくご紹介させて頂くつもりでおりましたが、今日はその予定を急遽変更し、新作情報などはまた後日改めてご紹介をさせて頂くことにします。(関係者の皆様には大変恐縮ではございますが、ご理解の程、何卒宜しくお願い致します)


様々な思いで始まったこの2012年、どうか皆様がまず何よりも健康で、笑顔と思いやりに満ちた、こころ豊かな一年を過ごせますよう心からお祈りしております。


今年こそ、平安な世の中でありますように。

そして誰もが、大好きな音楽と大切な人達と共に、希望に満ちあふれた、

幸せな一年を送れますように...




2012年 1月30日 今年最初のご挨拶として    江口 貴勅





--------------------------------------------------------------------------------------------




【 追記 】


新年早々プライベートなことで恐縮ですが、


僕たちの大切な友人に送ります。





--------------------------------------------------------------------------------------------




〜 めぐり逢い 〜





悲しみは いつも突然にやってきて 



大切な人の面影を 



遥か遠い記憶の彼方へと 



あっという間に 連れて行ってしまう



悔しくて 歯痒くて



突きつけられる現実に 体中の力は抜け



言葉さえも見つからない











僕の”声”は まだ 



あなたのもとへ 届いていますか?



今はただ あなたに 



心から 



本当に ありがとう



... と 言いたい



ただ ただ あなたと出会えた 



”めぐり逢い” の奇跡と



あの日 仲間と共にあれた 



ふたつとない



宝物のような 煌めきと 思い出に 



こころから 感謝して...



またいつか 



またいつか 



あなたとめぐり逢える その時まで...



あなたが けして 寂しくないように



せめて... 



あなたが大好きだった この曲が 



あなたに たくさんの安らぎと 



溢れるほどの 慈愛をもたらしますように






André Gagnon - Comme au premier jour

( アンドレ・ギャニオン作曲 - 『めぐり逢い』 )








更新おめでとー
毎日、毎日ここに来て
江口くんの近況を確認してたんだけど、しばらく更新が
無くて忙しいのかなぁと思っておりました。
寂しかったですw

今年も宜しく!

PS.今年で結婚10年目迎えました。
なつも子供達も皆、元気にしてます。
近々写真送りますね。
  • えんちゃん
  • 2012/02/01 9:50 PM
えんちゃん、メッセージありがとう!
ブログも毎日見に来てくれてたんだね。感謝。
遅ればせながら今年も宜しく!!
10年!?えぇもうそんなになるっけ?
月日の経つのはホントに早いね。
かわいい子供達も、またさらに大きくなったんだろうね。
前回貰った写真も時々見ては、ウチもあと二人くらいいたらなぁ...
なんて思ったりして(無理だけど...笑)
あの三人並んだショットはズル過ぎる。むっちゃカワイイ。
写真楽しみにしてます。
  • 江口貴勅
  • 2012/02/02 3:24 AM

It comments.










Track back Url of this Article
http://blog.takahito-eguchi.com/trackback/1200511
Track Back