スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

Sonic Runners Original Soundtrack Vol.2 好評発売中!

JUGEMテーマ:ゲーム




Sonic Runners Original Soundtrack Vol.2 好評発売中です♪

詳細はこちら ↓

http://sonic.sega.jp/SonicChannel/topics/sound/20151225_000957/​


作曲者はセガゲームスの大谷智哉さん。
Sonic Runnersには、いつもお声がけ戴きシリーズを通して参加してますが
今作もキーボード演奏や追補トラック制作など楽しく参加させて頂いてます。


iTunesストア
https://itunes.apple.com/jp/album/sonic-runners-original-soundtrack/id1066738894

Amazon ミュージックストア
http://www.amazon.co.jp/Sonic-Runners-Original-Soundtrack-Vol-2/dp/B01963NIQE/ref=sr_1_2?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1452764197&sr=1-2-mp3-albums-bar-strip-0&keywords=Sonic+Runners​


携帯用アプリは年間オールシーズン通して皆様に楽しんで頂けるので

その季節毎にスペシャルイベントとして期間限定ステージをお送りしています。

そんな四季折々の雰囲気に彩られつつも、いつも元気に爽快に駆け抜ける

高速キャラのソニックらしいスピード感のある音楽ばかりです。

、、、その分、演奏者の方はいつも大変です。。。

(ソニックbpmでスミマセン、、、涙&土下座)




音楽には 聴く人に及ぼすいろんな効果があることが

科学的にも証明されているそうですが

心を安らかに沈め 優しい気持ちにさせてくれる音楽もあれば

勇気を鼓舞し 興奮させるような音楽もあったり。
 

例えば○ッキーのテーマとか○○のヒーローのテーマが流れると

否応無しに体温が上昇して熱いものがみなぎってくるようなあの感覚

(勿論感じ方は人それぞれですが...)


このソニックの音楽にも、そういう効果があるのかも知れません。


熱く しかしクールに感覚が冴え渡るような感覚

自分自身、音楽を創りながらも

いつも爽快に楽しい気分で弾いたり

アレンジしたりしてきましたから

そんないろんな気持ちがオーバーラップしてきます 



「さぁ!今日もイッチョやりますかー!!!」と

今日一日を ”華麗”に戦いたいとき

そんな気分を最高に盛り上げてくれる

大谷ソニックアッパーチューンがここにあります



クリエイターもミュージシャンも

スタッフみんながノリノリで創った曲ばかりです

お互い 新鮮な元気を 満タンにチャージして

今日も元気に 華麗に クールに 

自分のステージを 思いっきり駆け抜けましょう♪


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



Sonic Runners は、スマートフォンアプリとしてダウンロードできます。

基本無料でも充分楽しく遊べます♪


Sonic Runners 公式ホームページ
http://sonicrunners.sega-net.com/jp/index.html


(この記事は2016.3.17にアップしました)

ソニック ランナーズ

JUGEMテーマ:ゲーム




すでに今年2月末からリリースされてました「ソニック ランナーズ」

おかげさまで好調です♪



基本無料で遊べるゲームですので

iPhone,iPad等のiOS機か、Android機をお持ちであれば

ダウンロードして遊んで頂くことが出来ます。

ぜひプレイしてみて下さいね。



作曲&音楽ディレクターは大谷智哉さん。

(これまでもソニックシリーズや怪盗Rでもご一緒してます)


僕はキーボード全般やその他のパートのアレンジ部分で

レコーディングのお手伝いしてます。

(一部使用劇伴BGMは作編あり)


季節毎に楽しい追加のイベントもあって、新しい曲もアップされますから

ぜひお楽しみに♪



我が家の息子も、ソニックがファインプレイする度に

『ソニック!やるじゃん!!(目がキラキラ)』

と感情移入して、かなり喜んでおります(笑)




アプリのダウンロードはこちら↓です。

iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/app/sonikku-rannazu/id953019873?mt=8

Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.sonicrunners

公式サイト
http://sonicrunners.sega-net.com/jp/

PV
https://www.youtube.com/watch?v=JCbd6cHe2Sw&feature=youtu.be

 

TOKYO BAY 【Kindle版】リリースのお知らせ






 これまでも度々コラボレーションさせて頂いている写真家の野寺治孝さん。

 その野寺さんの代表作でもある写真集『TOKYO BAY』

この度 Amazon Kindle版としてリリースされました。

僕も音楽でお手伝いさせて頂いてます。


( 無料ダウンロードサービスは、9/30まで )



■App Store「TOKYO BAY」ダウンロードはここから

iPad版 350円 http://bit.ly/oEcBSt

iPhone版 250円 http://bit.ly/nGW0K4




===========================================


 

SUGA SHIKAO 【 16th Anniversary Hitori Sugar Premium Adult Night 】大阪&東京全公演終了のご報告

 スガシカオさんがアコースティクギター1本で弾き語るHitori Sugar(ヒトリシュガー)シリーズのプレミアム公演『Hitori Sugar Premium Adult Night』大阪•東京の全公演が無事終了しましたので、ご報告させて頂きます。僕はストリングスカルテットの編曲で参加させて頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


SUGA SHIKAO 16th Anniversary Hitori Sugar Premium Adult Night  


220()

大阪/グランキューブ大阪(大阪国際会議場


225()

東京/中野サンプラザホール


226()

東京/中野サンプラザホール


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ちょうどスガさんデビュー16周年記念日の2013/2/26(火)、中野サンプラザにて『 Hitori Sugar Premium Adult Night 』が千秋楽を迎えました。

公演前には弦カルが入ることはナイショのサプライズ企画でしたので事後報告になりますが、晴れて情報解禁(笑)ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。


大半の曲は、スガさんのギター弾き語りの曲で、そこにプラス弦が加わる曲が全部で7曲。

そのうち3曲は、既に弦カル編曲されていたので(黄金の月/夜空ノムコウ/19歳:森俊之さんアレンジ)、今回の公演で新しく追加された4曲(アイタイ/Progress/午後のパレード/傷口)のアレンジを担当させて頂きました。


ストリングスカルテット(弦楽四重奏)は、いつもスガシカオさんのレギュラーサポートされてる今野均さん率いる今野ストリングスカルテット。とてもエネルギッシュで且つ繊細な素晴らしい演奏でした。


アンコールではボイスパーカッション(ボイスパフォーマー?)のM-OTOさんとスガさんとの掛け合いも素晴らしく会場も更にヒートアップ♪



実は、個人的に昔から大好きだったスガシカオさん。

最初お電話頂いた時は、電話口で思わずガッツポーズしてしまったくらい(笑)

アレンジ中、リハーサルの途中、公演中、曲に結びついて時々顔を出す自分の中の想い出の数々。

当然グッと沸き上がる想いの丈を、いろいろと書き綴りたくなってしまう自分がいますが、、、


スガさんはデビュー前、長崎で会社勤めされてたことがあるらしいとか、(長崎出身の)自分はちょうどそのころまだ杉並区で会社勤めしてた?とか、音楽を諦めきれず脱サラ後のバンドマン時代に、食費すらままならないのにスガさんのCDだけでなくPVまで買って持ってるくらい好きだったとか、別に誰も聞きたくないようことを止まらなくなるくらい書いて収拾つかなくなってしまいそうなので(実際下書きしてたらそうなったので)、やっぱりここはちゃんと時間ある時に、改めて落ち着いて書きたいなと思う次第です。


まさかその16年後こうしてご一緒できる日が来るとは、、、。


スガシカオさんと言葉を交わす度に、「昔からファンでした」とここまで出てきて(いやいや、、、それを言っちゃ現場がギコチなくなる!絶対ダメダメ!)と、何度出かけた言葉を飲み込んだことか(苦笑)って書いたらダメじゃん。。。まいいか。。。

ご縁あって頂いた奇跡のような巡り合わせに、心から感謝するばかりです。


それにしても、昨日残念ながら仕事で行けなかった浜崎貴司さんのライブといい、斎藤和義さんといい、スガシカオさんといい(他にもいろんなミュージシャンの方々)世代の先輩方がギター1本で弾き語る原点回帰というか、益々エネルギッシュなサムライスタイルといいますか、そこにミュージシャンの魂を見るようで、その姿勢に熱く揺さぶられる想いがします。いやーかっこ良かった!!!(アレンジの譜面は演奏して下さる方がいないと音楽にすらならないので。汗&感謝)



書きたい事が山ほど有る時に限って、守秘義務でそのことに触れられなかったり、ここぞというときには次のプログラムの制作に追われ書いてる暇がなかったり、いつかそのうち書くぞと思いつつ、そのタイミングを逃してしまったり。。。

同じように書きたい想いがありながら、結局書けずに過ぎ去った過去がどれだけあることか。。。

リニューアルのタイミングなどで、いつか遡って更新したいと思う今日この頃です。


スガシカオさんの2枚のベスト盤も絶賛リリース中です!

そして、今回のライブでも初公開された新曲「アイタイ」のオリジナル版(スガさん&森さんのゴールデンタッグ♪)は4月にリリースされます。

僕もこのライブアレンジの為に先に聞かせて頂きましたが、シナリオや原作を穴があく程読通して、その世界観に深く向き合って、まるでその作品のサウンドトラックの音楽をつくるかのようにして作った楽曲だと仰る意気込みが伝わってくる、今までのスガシカオサウンドとはひと味違う挑発的で実験的な尖ったサウンドでした。

これをメジャーのタイアップにぶつけて来たかと、思わずにニヤリとしてしまう確信犯的な匂いムンムンのそんな新曲『アイタイ』。ぜひお楽しみに♪



FINAL FANTASY XI アレンジアルバム『Sanctuary〜THE STAR ONIONS』5/20発売開始!

<Sanctuary/THE STAR ONIONS>



全世界で50万人以上の有効会員数を誇るオンラインRPGファイナルファンタジー11の楽曲を、新たに編曲してお送りする「ザ・スターオニオンズ」の第2作目が5月20日にいよいよ発売になりました。



アルバム名 :サンクチュアリー
アーティスト:ザ・スターオニオンズ






Sanctuary/THE STAR ONIONSの詳細はこちら。


今回参加したアレンジャーは甲田雅人氏、そして現場ではお会いできませんでしたが杉森雅和氏、そして江口貴勅の3人で参加。
(水田さんと甲田さんとの共同編曲作品もあります。)

水田さんとはFF11のエンディングソングのDistant Worldのレコーディング以来の再会。

今作でスターオニオンズ初参加の江口はアルバム11曲中5曲の編曲(アレンジ)を手掛けました。
スターオニオンズ1stアルバムにもアレンジで参加されていた甲田雅人さんや杉森さんのアレンジも、お人柄が伝わってくるような心安らぐ素晴らしいアレンジです。


今回スターオニオンズには初参加でしたが、FF11の作曲者でこのアルバムのプロデューサーである水田直志さんの「アコースティックであること。それぞれの曲のメロディーが一番輝くようなアレンジに。」というリクエストに応えて、原曲のメロディーの魅力を気持ちよく膨らまし、また時にはその曲の隠れた可能性を最大限引き立つように、江口流に大切にアレンジ(編曲)させて戴きました。

選曲はゲーム中の牧歌的な癒し曲や激しいバトルの曲もあったりとバラエティーに富んでいるのですが、トータルカラーとして弦カルや小編成のコンボ・バンドスタイルなど一つ一つの楽器やメロディーのシズル感を大事にしたオーガニック系のサウンドを中心にまとめてあり、そこにスターオニオンズのアルバムとしてのちょっとしたスパイスも効かせて、一聴心地よいヒーリング的で、普通なのにでも普通じゃない感じに調理してあります(笑)

そのゲーム中の原曲に慣れ親しんだ方にも満足して頂けるような原曲のイメージを大切に膨らませたアレンジの曲もあれば、そのメロディーの本質を新しい解釈で引き出した「この曲にはこういう一面もあったんだ!」と驚いて頂けるようなアレンジの曲もありと、新鮮で聴き応えのある、リスニングアルバムとしても楽しんで戴けるような仕上がりになりました。
 

アルバム収録曲の試聴はこちら→



レコーディングでは、たくさんの素晴らしいミュージシャンの方々に参加して戴いてます。

以下、クレジットより軽く演奏者のご紹介を↓

================================
Wood Bass : 加瀬 達(Toru Kase)
Flute/Tin whistle/Quena/Bamboo Flute他 : 高桑 英世(Hideyo Takakuwa)
Acoustic Guitar : 榊原長紀(Naganori Sakakibara)
Guitar/Mandolin : 千代 正行(Masayuki Chiyo)
Accordion : 檜山 学(Manabu Hiyama)
Strings Quartet : 真部カルテット
1st Violin:真部 裕(Yu Manabe)
2nd Violin:藤堂 昌彦(Masahiko Todo)
Viola :坂口 弦太郎(Gentaro Sakaguchi)
V.Cello /Viola da gamba 多井 智紀(Tomoki Tai)
E.Bass 水田直志 

==============================

みなさん、素晴らしい演奏とハートで応えて下さいました。


長身で音の長いとても気持ちのよいグルーブを聴かせて下さったベテランウッドベース奏者の加瀬達さん


中川晃教バンド時代から僕とはもう長い付き合いになるパートナー、ご存知ギターの榊原長紀さんの心のアコースティクギター。
いつもそうですが、榊原さんのアコギはどうしてこんなに優しくて救いのある音をしているのでしょうね。今回はガットギター、スチールギター、マンドリンをお願いしました。
(余談ですが、榊原長紀さんは、このレコーディングの真っただ中ににパパになりました!おめでとう!!!そんな大変な時に急なお願いにも関わらず温かい演奏で応えて下さって。。。感激)


僕の中では笛と言えば真っ先に頭に浮かぶ方の一人、1stコールフルート奏者・高桑英世さん。過去のオーケストラ劇伴サウンドトラックでも、数多く高桑さんに演奏して頂いてます。
ケーナ、篠笛、ティンホイッスル、自作の竹笛(これがまた素晴らしい音色!)などトラディショナルなアプローチなどもなんでもござれ。このアルバムの一本通った癒しのカラーは、高桑さんの心に染み渡る笛の音色の御陰かも知れませんね。


それから僕の熱いラブコールに応えて下さったアコーディオン奏者の檜山学さん
ボタン式ならではのソロフレーズやメロディーの節回しがかっこいい!
彼は友人のシタール奏者アキ・ウエダ氏とも親しい間柄で、今回はそのアキ君の紹介で檜山さんの存在を知りました。そうして実現した今回の初コラボ。
ご近所同士さんということもあり、今後良き友人として一緒に飲んだり演奏したりと深い付き合いをすることになりそうです。


また今回初めてご一緒させて戴いた
ルックスも格好良く、お人柄も最高に温かく、その上スタジオで知らない人は潜りと言われるくらい”アコギの千代さん”と名高い素晴らしい(イケメン)スタジオミュージシャンギタリストの千代正行さん。。
アコースティックギターは勿論、意外にも実はジェフベックが大好きと仰るそのエレキのツボを得たプレイセンス。そのオールマイティーさに脱帽。
最近では僕の友人でもある歌手・堀澤麻衣子さんとも昨年ユニットを結成し益々精力的に活動されてるようです。


それからストリングスの真部カルテットの皆さん
今回インペグの内田音楽事務所の里見さんのご提案での今回初のレコーディングでしたが、これが本当に素晴らしいストリングスカルテットで、男性弦カルらしいキレとパワーがあり、豊かな音楽性とポテンシャル。しかも皆さんとても若い。


僕は幸運な事に、普段からいろんな素晴らしいストリングスチームの方々とお仕事させて戴く機会に恵まれていていますが(勿論いつもどのチームも素晴らしく満足のいく最高のサウンドで応えて下さるのですが)、
僕がこのチームの素晴らしいと感じるところは、メンバーそれぞれが個性的な良さを持ち、互いの演奏に対する信頼感とか友情のようなものがこちらにも感じられて、それが実際に輝くような瑞々しいエネルギーのあると音となって伝わってくる。
見ていてこちらも楽しくなるようなそんな素晴らしいカルテットでした。

真部さんのバイオリンソロが聴ける楽曲や、チェロの多井さんの演奏するヴィオラ・ダ・ガンバ(古弦楽器)をフィーチャリングした楽曲、また真部カルテットとしてのチームの瞬発力と演奏力の高さを存分に楽しめるピアソラ風の楽曲など、いずれも素晴らしい演奏が収録されてます。

余談ですが、この古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバはぜひ聴いて頂きたいところ。
もし聴かれた事のないかたはぜひリンクHPで試聴されて下さい。

アルバム収録曲の試聴はこちら→



Continue〜好評発売中!

continue


10/15日、SEAMO待望の新曲『Continue(コンティニュー)』が、いよいよ発売となりました!

ドラマ「夢をかなえるゾウ」のスタートを受けて、主題歌「Continue」も順調な滑り出し。

本日17日(金)のミュージックステーションにも、塾長が生出演します。



夢を叶える魔法...それは、続けること。

けして投げ出さず、諦めず、信じてひたすら続けること。

夢に向かって歩き続れば、不思議と必ず良いことがたくさんあるんですよね。

だってほら、歩いてる行程も、それだけでとても楽しくワクワクしてるじゃないですか?

それだって、現実に起きている、とても大きな"良いこと"だと思う。

きっと、夢にも確実に夢に近づいてる証拠♪


今日のSEAMOさんがあるのも、何度失敗しても何度倒れても立ち上がり、けして逃げる事なく信じた夢への歩みをひたすらに続けてきたからこそなのでしょう。

Continueの歌詞にこうあります。

「負けたら終わりじゃなくて、止めたら終わりなんだよね。」

だからContinue!(コンティニュー=続けろ!)

クラッシックの名曲・エルガーの威風堂々のテーマと、塾長が歌うContinue(コンティニュー)のオリジナルの歌詞とメロディーのコラボレーションが聴くものに大きな元気を与えてくれる、そんな頑張るあなたの為の壮大爽快な塾長からの(&もちろん僕からの、そして携わって全てのスタッフからの)エールです。



<ContinueのPV視聴はこちら!>

着うたフルも、着ムービーも絶好調です。

レコ着」、「mumo」、「music.jp」、「dwango

『 MOTHER 』

皆さん、こんばんは!

ハマザキコミネ1stワンマンライブの次の日から、間髪入れず早速、絶賛作編曲の日々を送っている、ワタクシ滝沢秀...



...スイマセン。。。


江口です。



いやいや〜〜〜っ、早いものであっという間にゴールデンウイークに突入しましたねぇ♪

このところ天気は良いし気温は涼しくて過ごし易いし、気持ちのいい毎日ですね。
出歩くと言っても、時々気晴らしに近所に買い物に出たりするくらいですが、それでも街がやんわりと温かくて、すれ違う人達もなんだかほのぼのとしている気がします。
すっかりGWですから、当然ですよね♪


そうこう書いてる間に、先程早速5月に日付が変わりました!

さてさて今月もまた新作CD&DVDのご紹介です。






<SEAMO〜感動の武道館ライブがDVDに!>

先日、初の武道館ワンマンライブを大成功させたSEAMO塾長のDVDが発売になりました。




(PCの方はブログ右側のニューリリースの紹介からAmazonへリンクできます)

僕もライブに招待して頂きましたが、ホントに笑いと感動の最高に楽しいライブでした。
SEAMO塾長のライブは初めてだったのですが、ファンがわざわざライブに行きたくなる理由が分かった気がします。このエンターティナーぶり、脱帽ものですね!
ホントに大げさでなく、ここまで振り幅の大きい、けして飽きさせない、笑いと涙のクシャクシャなライブ、初めてかも知れません。まさしくこれぞSEAMOスタイル♪
文章には出来ないこともいろいろありますので、、、兎に角、見てみないと分かりません。この醍醐味は(DVDはモザイクありですだそうです...爆笑)

帰りは独り武道館から九段下の駅まで坂道を下りながら、最初のレコーディングの日(曲はマタアイマショウでした)を思い出して、ついグッと感動で滲む月を、ただただ見上げながら、だけど笑顔で帰りました(暗闇で泣きながら笑う変な男。かなり怪しいがある意味暗闇で良かった)。

かっこいいぜ〜塾長!!



<SEAMO〜母の日へ向けて新作を発表!>


さて、そんな益々パワー全開のSEAMO塾長が、今月いよいよ新しいシングルを発表します♪

その名も『Mother(マザー)』

【収録曲】

1. MOTHER (TBS系TV 「ランク王国」 4・5月度 オープニング・テーマ)
2. funky teacher (カートゥーン・ネットワーク「クラス・オブ・ミュージック!」エンディング・テーマ)
3. 素直になりたい feat. AKIKO WADA
4. MOTHER (instrumental)
5. funky teacher (instrumental)
6. 素直になりたい (instrumental)


<通用版>





SEAMO塾長スタッフさんのブログより
→通常版の説明



<初回版/DVD付き>






SEAMO塾長スタッフさんのブログより
→初回版(DVD付き)の説明



<ギフトパッケージ>




SEAMO塾長スタッフさんのブログより
→ギフトパッケージの説明

中を開けるとこんな感じ→





母の日のシーズンに、母への感謝の気持ちを歌に託して贈ります。


今は笑い話ですが、この曲のレコーディングのエピソードを...

この曲のレコーディング日の数日前に、突然の腰のケガで救急車で運ばれた為、当日現場に出るのは極めて困難な状態で、日中は自宅療養させて頂きながら、電話でGrowthさんとやり取りさせて頂いてたのです。
しかしさすがに、夜に予定しているストリングスのレコーディングに差し当って、急遽現場でアレンジを追加変更したいしたいというクライアントさんの要望が出て来たらしく、その時間には何が何でもレコーディングに立ち会わなければならなくなりました。
その為、意を決してスタジオへ!

道路脇にまだ雪の残る東京の道を、牛歩以下のスピードで用心しながら歩いて、気合いと科学の力(痛み止めの座薬と飲み薬&コルセットの三種の神器!)でなんとかレコーディングスタジオに入り、Growthさんと二人でダッシュで弦の譜面を書き上げ、なんとかレコーディングに間に合いました。

スタジオに到着するまでは、相当デンジャラスな状態でしたが(笑)、人間とは不思議なもので、現場に入ると痛みが軽くなっていき、ディレクションの最中は完全に痛みを忘れて気がついたらイスから立ち上がって指示を出してました。。。
SEAMOさんを始め、多分現場にいた誰もが、そんなに悪い状態にはけして見えなかっただろうなぁ。。。
自分の身にもしもの事があった時の為(大げさ)に付添って貰った友人も、全然元気そうじゃん!と思ってたみたいですし。。。

好きな事に熱中すると、脳内麻薬が出ているらしいのですが、この時ほどそれを実感した事はなく、それは自宅のマンションの前に来るまで別人のような元気が続いてました。
その後、音楽と痛み止めの夢から覚めたら、数日間は殆ど廃人でしたが、、、(-_-;)

そんないろいろ各方面にご迷惑をかけまくってしまったレコーディングではありましたが、なんとか無事に乗り越えて、こうしてそれぞれの母の為に自身を持ってプレゼントできる大切な贈り物が完成しました。


初めてデモを聴いた時に感じた感動...

その音と歌詞の中に込められた、塾長やGrowthさんや、関係者のみなさんの特別な"何か"を感じ取り、思わずカラダが震えたこと。アレンジをしながら、もう何度も飽きるほど聴いた筈なのに、それでもプレイバックする度にまた沸き上がる涙。
寝ても起きてもいられない程に腰が痛かったけれど、それでもなんとしても意地でも"守りたかったもの"が、この曲の中にはある。
それが温かく息づき、それぞれの母のもとに、ちゃんと届くといいな...♪

SEAMO公式Webサイト


緊急企画!SEAMOと日比谷花壇コラボレーション記念
お母さんへCDとカーネーションをセットでプレゼントしてみては?
SEAMO塾長のメッセージも聴けますよ♪


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


<< 後記 >>


Motherのレコーディング当日、腰の悪い僕を付き人としてサポートしてくれた古くからのミュージシャン仲間の親友A。

僕が荷物を持てないから来てもらったこともあるけど、でも本当は、彼には、この現場をどうしも見て欲しかった。見せてあげたかった。

この曲は母へ捧げる歌。
母への感謝の気持ちを、みんなで持ち寄った大切な歌。
そういう歌も、あってもいいよね?
っていうか、これを世の中に送り出す事は、とても大事な意味があるんだと思った。


実はA君は、もう何年も前に、病気でお母さんを亡くしている。
遊びに行くといつも笑顔で出迎えてくれる、とても素敵なお母さんだった。
現場に立ち会ってくれた彼も、きっと何かを感じ取ってくれたに違いない。
そしてきっと彼の想いや誓いは、お母さんにきっと届くに違いない。
そう信じている。


いつかきっと...

今度は彼と一緒に、第2のMotherを創る日がくることを、

僕は願い、楽しみにしている。





2007.4.18 SEAMOニューシングル『cry baby』本日リリース!

待望のSEAMOさんの新作が本日発売されました!!!
その名も『cry baby』(http://www.seamo.jp/)



4/21公開の映画、クレヨンしんちゃん(http://www.shinchan-movie.com/)のテーマソングでもあります。 江口は、お馴染み"井筒growth伸太郎"さんと共に、cry babyにアディショナルアレンジ=ストリングス(弦楽器)&ピアノパートの編曲で参加してます。

益々元気バリバリ、大活躍の塾長、今年も眼が離せません!

詳しい情報はこちら↓
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1849

(以下、BMG JAPAN HPより抜粋します)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


Cry Baby
2007/04/18 発売
映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」主題歌


●DVD付初回生産限定盤 (BVCR-19989/90) ¥1575(税込)
*PV「心の声」「マタアイマショウ-tears ver.-」収録のDVD付

*初回盤/通常盤収録曲
1.Cry Baby [♪PVフルストリーミング中!]
2.LOVEミサイル
3.無想転生
4.Cry Baby(instrumental)
5.LOVEミサイル(instrumental)
6.無想転生(instrumental)

塾長が07年4月、いよいよ新作をドロップ!
タイトルは「Cry Baby」。この待望のニュー・シングルは4月21日(土)より東宝系全国で公開される映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の主題歌に決定!15周年記念となる今回の映画はシリーズ最高の面白さがいっぱい詰まった超スペクタクル大作!今や日本にみならず世界中の子供達に笑いを振りまいているしんちゃんと共に盛り上がっていきます!

「Cry Baby」はピアノの旋律とストリングスが印象的なミディアム・ナンバー。大人になって忘れてしまった子供の頃の純粋な涙・・・大人になっても泣きたいときは泣いてみよう・・・・そうすれば新しい一歩が踏み出せるはず・・・「生きる勇気」という大きなテーマを、等身大な自身の経験から湧き出るリリックで綴ったスケール感のある名曲です。
c/wの「LOVEミサイル」は春の陽気を表すかのごとく軽快な跳ねたピアノからスタートする彼女とのメドライヴ・デートモソング!そして3曲目はスロット・マニアな塾長によるスロット・ソング。ディストーション・ギター&スロットの名機 旧「北斗の拳」への熱い想いが詰まったリリック!。このふり幅の広い3曲、ご堪能ください。

今回のCDは3アイテムで発売。「ブスの瞳に恋してる」でも有名な放送作家の鈴木おさむ氏が企画で参加した「マタアイマショウ」のニュー・ヴァージョンのPV「マタアイマショウ-tears ver.-」と、大ヒットアルバム『Live Goes On』からのリード・トラック「心の声 feat. AZU」のPVを収録したDVD付初回生産限定盤。そして通常盤に加え、このCDのために描き下ろしたSEAMO風クレヨンしんちゃんのイラストがジャケットになったアニメジャケット盤も限定で発売。このアニメ盤のみSEAMOとしんちゃんのヒップホップ寸劇「しんとろだくしょん」から幕を開け、しんちゃん一家、野原家の方々のコーラスが入った「Cry Baby(野原MIX)」を収録。しんちゃん&お馴染みのあの声が聞こえてきます!そしてクレヨンしんちゃんのステッカーも封入。SEAMOファン、しんちゃんファン共に大満足の発売形態となります。

そして今回のCDジャケットではイラストレーター、ROB KIDNEY氏とSEAMOのコラボレーション作品になっています。BASEMENT JAXXのジャケットなどを手がけるROB氏が、「Cry Baby」の歌詞からインスパイアされたイメージをイラストで表現。かわいらしいハートウォーミングな作品になっています。



「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズ最新作!

ブログ日記も結局途中まで書いてた下書きが、結局は時期外れになってしまうことの連続で...。
のわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!
あっという間にもうクリスマスじゃないですか!!!・・。
あららららぁ。。。街のクリスマスツリーも今日明日限りなのですねぇ。

どうか皆さんが素敵なあったかいクリスマスを送られますように...


<リリース情報>

さて今月12月21日、株式会社SEGAよりソニック・ザ・ヘッジホッグが発売になりました。(セガダイレクトにて専売)

基本的に音楽は、セガの大谷さんと南波さん(南波さんは僕の学生時代からの友人でもあります。)のお二人で作曲されてますが、今回江口は、エンディングテーマソングのアレンジと、スタジオレコーディング用オーケストラ楽曲などの劇伴(BGM)数曲を書かせて頂きました。
弦の編成もレコーディングでは大きめの編成(24名)で、広がりのある心地よい豊かなサウンドに仕上がりました(*´▽`)♪
またDonnaの歌うエンディング曲(http://donnadelory.com/)は、豪華参加ミュージシャンによる強力な4リズム同時録音の生き生きとしたグルーブとダイナミックで伸びやかななストリングスが印象的な美しいバラードです。

これは、弦のレコーディング終了時のスタジオ写真 ↓




それぞれの道で活躍する長年の友人達との再会は、嬉しくもあり頼もしくもあり。つくづく幸せだなぁ...と実感。。。

いや〜〜〜〜〜〜〜ホントに楽しいレコーディングだったぁ(=^・^=)


〜「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のオリジナルサウンドトラックのHPの紹介文より添付〜

全世界、あらゆるプラットフォームで親しまれているゲームソフト
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズ最新作!
3枚組、全93曲、197分、シリーズ史上、最大ボリュームのオリジナルサウンドトラック
よりダイナミックにスケールを増したゲーム中BGM、ハリウッド映画に勝るとも劣らない劇伴など、 東京、ロンドン、ロサンゼルス、各地でレコーディングされたヴォーカル曲まで余すところなく完全収録。

■ソニック・ザ・ヘッジホッグ公式サイト
http://sonic.sega.jp/sonic/

■ソニック・ザ・ヘッジホッグ オリジナルサウンドトラック
http://segadirect.jp/Catalog/ProductDetail.aspx?SKU=0101008-03791&PT=CD
(こちらのURL「セガダイレクト」での専売です)



■ソニック・ザ・ヘッジホッグ ヴォーカルトラックス 『セヴラル・ウィルズ』
http://segadirect.jp/Catalog/ProductDetail.aspx?SKU=0101008-03783&PT=CD
(こちらはアマゾンでも購入可能です)






<後記>
先日の中川和泉ちゃんのライブでお会いした皆さん、遠いところありがとうございましたぁ。
嬉しかった...そして久しぶりのライブホントに楽しかったです。
和泉ちゃんもホントに素敵な歌声でしたね...弾きながらグッと来た事もしばしば。
バタバタで、事前にちゃんとした告知すら出来ず、大変失礼致しました。
またお会いできる日を楽しみにしています。
これからもぜひ中川和泉ちゃんの応援、よろしくお願い致しますデス。

☆今日珍しい経験をしてきた。
新鮮な事、反省する事、いろいろあってたくさん勉強になった一日でした。
よく友人から「お前は天然江口フィルターかかってるから...」なんて言われるけど、言葉で相手に想いを伝えるって、ホントに難しい。素直が一番だってわかってるのにね。
まぁしょうがない。あとはなるようになるだけです。なんくるないさ〜ヾ(;´▽`A 
みなさんにはどうでもいい、よく解らないお話でした。。。ちゃんちゃん。

☆今回、最近お友達になった絵本作家さんのある素敵な本をご紹介しようと思ってましたが、すいません!...急ぎのアレンジ作業の為、さすがに時間&スタミナ切れデスm(_ _)m
早く教えて〜とのメールをたくさんの方々から頂いてたのですが....楽しみにしていらした方々、後日必ずご紹介させて戴きますので、もう暫くのお待ちを〜〜〜!

秋ひと夜 恋しくなるのは...

毎日ご覧頂いてた方、大変長らくお待たせしました(汗)
久方ぶりの更新です。もうあっと言う間に10月になってしまいましたね。
遅ればせながら、今日はいくつかご報告から...

<SEAMO2ndアルバム絶好調です!>

絶好調のSEAMO(シーモ)2ndアルバム『Live goes on』が、いきなりオリコン初登場で週刊ランキング第1位に。そして現在も上位爆進中です。
本当に皆様の御陰様です。このプロジェクトに参加させて戴いたこと、今なお心から感謝しています。引き続き変わらぬ応援のほどよろしくお願い致します!


初回限定版(DVD付き)


通常版

<さらに10/4ニューリリースです!>

本日10月4日、奥居雅美ニューアルバム『evolution』が発売されました。
江口は7曲目収録の『不知火(しらぬい)』の編曲&演奏で参加しています。



前回の記事の"初挑戦"との前フリは、何を隠そうこの曲の薩摩琵琶のことなのでした(笑)
今まで一度もレコーディングした事が無かったこの楽器ですが、その音色自体に独特のインパクトのある楽器なので、内心どうなる事かと恐る恐るチャレンジしてみたのですが、いざレコーディングしてみると、もう他の楽器では代用が利かない程、なかなかの良いアクセントになったので、クレジットには掲載こそしませんでしたが、そのまま採用させて頂きました。
いや〜ホントにかなりのインパクトです(爆笑)
和風な曲名&歌詞から受けたインスピレーションそのままに、アジアンテイスト溢れるエキゾチックなアレンジに仕上げてありますから、まさにこれからの季節(中秋の名月)にぴったりですよ。

<ただここで、お求めになる皆様にお詫びとご報告が...>

残念な事に、3曲目の『射手座の月の衣に』という曲と、この7曲目『不知火』の制作者のクレジットが、何故かそっくり入れ替わって記載されるというハプニングが発生しました。
(つまり、7曲目『不知火』には、別の方のお名前が...汗)
僕自身も正直残念ではありますが、どんなに細心の注意を払ってても、リリース間際の忙しさの中では思いがけないミスが起こってしまうこともあるのでしょうから、そうなってしまった以上仕方ないですよね(苦笑)
ご購入される皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

このアルバム、不知火の他にも、とてもバラエティ豊かな楽曲が盛りだくさん。
豪華な内容で、さすが百戦錬磨の奥井さんだけあって、伸びやかなボーカルから伝わる元気玉印の熱きバイブは、聴く人を元気にさせる事間違いなしです!
華やかに、そしてしっとりとしなやかに、秋の夜長を満喫してみては如何でしょう。


頭上の月に想いを馳せて
琵琶でもビビ〜ンとつま弾きながら...
その傍らに、いつものお酒

酒はやっぱり...ワンカップでしょう!!!(またかっ!...爆)



本日のイメージ写真(池袋の椿三十郎さんにて)