僕にできること...

 

 

 

 

 

 

 

いつもと変わらない 冬の朝

 

 

空を 見上げて あなたを 想う

 


雨は 突然 降って来て

 


いつも 僕らは 試される

 

 

だから 人生は おもしろい

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ真っすぐに 同じ空を 見上げてる

 


どんな時も あなたらしく いて欲しい

 

 

僕も 僕らしく ありたいと想う

 

 

僕らには やらなきゃならないことがある

 

 

受け取ったバトンを しっかり握りしめて

 

 

何度転んでも けして手放さないと誓ったのだから...

 

 

だから 人生には 意味がある

 

 

 

 

 

 

 

遠い空を 真っすぐに見つめる

 

 

蒼空は 今日も変わらず そこにある

 

 

悲しみも 悔しさも 歯痒さも 怒りも

 

 

想いも 祈りも エールも 慈しみも

 

 

大声で叫びたい ぶつけようのない想いも

 

 

全部 音楽に込める

 

 

 

 

 

 

 

一点の曇りも 迷いもなく

 

 

ただひたすらに

 

 

そこにある 音だけを見つめて

 

 

 

今日も 楽器を弾き 曲を描く

 

 

 

音楽はいつも 美しい

 

 

 

僕は 僕らしく あろうと思う

 

 

 

きっと

 

 

 

あなたもも あなたらしく あるだろう

 

 

 

いつもと 同じ 

 

 

 

正々堂々と 優しい笑顔で...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲ひとつない 空を観ながら 

 

 

 

豪雨の中で ひとり立ちつくしている 

 

 

 

あなたを想う

 

 

 

 

どんなに 死にものぐるいで乗り越えても

 

 

 

乗り越えても 乗り越えても 

 

 

 

また 何度でも 雨は降るだろう

 

 

 

例えどんなに 真っすぐに よりよく生きていたとしても

 

 

 

また容赦なく 雨風は 叩き付けるだろう

 

 

 

傷つく痛みに 馴れることなど ないけれど

 

 

 

それでも また 立ち上がれ

 

 

 

立ち上がるたびに

 

 

 

人は 磨かれ

 

 

 

もっと強く もっと優しくなれる

 

 

 

倒れても また 何度でも 立ち上がればいい

 

 

 

正々堂々と 笑顔で 立ち上がればいい

 

 


立ち上がる度に どんどん 磨かれてゆく

 

 

 

絆は 強くなる

 

 

 

そして 

 

 

 

もっともっと 

 

 

 

大きく 美しく ひかり輝く

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.3  江口 貴勅

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般